NHK党が公約発表 年金受給者の受信料無料化など (産経新聞)

記者会見に臨むNHK党の立花孝志党首(中央)ら=10日、国会内NHK党は10日、国会内で記者会見を開き、夏の参院選に向けた公約を発表した。立花孝志党首は「NHKのスクランブル放送の実現が直ちにできるような状況ではない。新たな公約として、年金受給者のNHK受信料の無料化を追加させていただく」と述べ……

スクエニ、『ショバフェス』で「SHOW BY ROCK!!」10周年を記念した期間限定ガチャと期間限定イベント… (Social Game Info)

スクウェア・エニックスは、本日(6月10日)より、『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』(以下『ショバフェス』)において、「SHOW BY ROCK!!」10周年を記念した期間限定ガチャ「OH!ファンタスチック ? フェスガチャ in SB69 10周年 2/3」と期間限定イベント「超真っ黒対決!Kuronoatmosphere!」を開始した……

ベーマガこと「マイコンBASICマガジン」やコンピュータホビー,ゲーム関連書籍の事業をマイコンソフト… (4Gamer.net)

電波新聞社の@opaimar氏は本日(2022年6月10日),Twitterアカウントで,電波新聞社・マイコンソフト事業部が,電波新聞社を卒業しフリーとなった大橋太郎氏(関連ツイート※外部リンク)と手を組み,かつて刊行されていたPC関連雑誌「マイコンBASICマガジン」(ベーマガ)やコンピュータホビー,ゲー……

高級ホテル予約に“アクセス集中”都民割スタートも超争奪戦! (テレビ朝日)

10日からお得に旅行ができる都民割の予約が始まりました。しかしながら、大手ホテルなどには予約希望者が殺到。ホームページがなかなかつながらない状態となりました。 都内の「ホテル椿山荘東京」。「もっとTokyo」、いわゆる“都民割”が始まった正午から予約が殺到しました。 ホテル椿山荘東京・マ……

VTuberがツイート謝罪 「私的やり取り公開」で運営が2週間活動休止措置「一部契約違反と判断」 (J-CAST)

e-Sportsで活躍するVTuber事務所「ぶいすぽっ!」を運営するバーチャルエンターテイメント(東京都世田谷区)は2022年6月9日、所属するVTuberの胡桃のあさんに、2週間の活動休止措置を取ると発表した。他者とのプライベートチャットでのやり取りを公開するなど、「一部契約違反」な行動があったとして……

10日のアジア300指数 続落、リスク回避 金融引き締め懸念が再燃 (日本経済新聞)

【NQNシンガポール=今 晶】10日の日経アジア300指数は続落した。終値は前日比1.29%安い1527.68と5月27日以来の安値だった。9日の欧米株安を受けてリスク回避の売りが出た。欧州中央銀行(ECB)が9日に金融引き締めの姿勢を示したのをきっかけに、世界的な引……

民放連、新会長にフジテレビ遠藤龍之介副会長を選任「激動期をチャンスに」 (サンケイスポーツ)

日本民間放送連盟(民放連)は10日の理事会で、フジテレビの遠藤龍之介副会長を新会長に選任した。任期は2年間。遠藤会長は記者会見で「激動の時期をチャンスと捉え、放送の価値の最大化を図る」と抱負を述べた。若年層を中心とするテレビ、ラジオ離れについて「各社が創意工夫して視聴者やリスナーに……

50年後、キム・フック・ファン・ティーは「ナパーム・ガール」以上のものです| スマートニュース

1972年の写真に描かれた少女、キム・フック・ファン・ティー 戦争の恐怖、そして2022年に写真家のニック・ウト ゲッティイメージズ経由のモンダドリポートフォリオによる写真 1972年6月8日、 ニック・ウトAP通信のベトナム人写真家であるは、ベトナム戦争の最も象徴的な画像の1つを撮影しました。 正式名称 戦争の恐怖、 写真は、その主要な主題のために口語的に「ナパームガール」として知られています。 キム・フック・ファン・ティー、致命的なナパーム弾の攻撃から逃げる恐怖の裸の9歳として示されている。 今月、有名な写真は50歳になります。この機会を記念して、現在59歳でカナダのオンタリオ州に住むファンティは、 ニューヨーク・タイムズ そのイメージが彼女の人生をどのように変えたか、そしてなぜそれが何年もの間とても強く共鳴してきたのかを振り返ります。 エッセイの中で、ファン・ティは彼女がそのひどい日の「記憶の閃光だけ」を持っていると書いています。 攻撃の前に、彼女は仏教寺院で家族と南ベトナムの兵士と一緒に避難したことを覚えています。 CNNのオスカーホランド。 兵士たちは自分たちの軍隊の飛行機が頭上にあるのを聞いたとき、全員に避難するように言いました。 しかし、上の飛行機には、怖がっている民間人は敵軍のように見えました。 「「[S]突然、いたるところに火事があり、私の服は火事で燃え尽きました」とファンティはCNNに語ります。 「私は自分の考えを今でも覚えています。 「ああ、やけどを負った、醜くなり、人々は私を違った見方で見るだろう」と思った。、 「「Nóngquá、nóngquá!」 (「暑すぎる、暑すぎる!」)。 戦争の恐怖写真家のニック・ウトによって、1973年のピューリッツァー賞とワールドプレスフォトオブザイヤーを受賞しました。 NickUt/AP通信 ナパーム […]

The post 50年後、キム・フック・ファン・ティーは「ナパーム・ガール」以上のものです| スマートニュース appeared first on Gamingsym Japan.